【動画】メヘレン戦で森岡亮太がデビュー戦でアシスト!PK失敗にアンデルレヒト監督「責任を持って蹴った」



森岡亮太がアンデルレヒトのデビュー戦でいきなりアシストもPK失敗「緊張はしました」

 アンデルレヒトでのデビューマッチを終え、更衣室から出てきた森岡亮太は開口一番、「相当、悔しいですね」と厳しい表情で語った。メヘレンを相手に2対2で迎えた81分、森岡の蹴ったペナルティーキックはミスショットとなって左へ外れたのだ。
 
「緊張はしました。だけど悪いフィーリングも無かった。思いの外、(キックが)インに入り過ぎちゃったという感じがしました」
 
 サッカーの世界には「PKをミスするのは蹴った者だけだ」という言葉がある。言い換えれば、PKを蹴る勇気のない者はミスもしない。だから、メヘレン戦で森岡を第1PKキッカーに指名したハイン・ファン・ハーゼブルック監督は、決して森岡のPK失敗を責めなかった。
 
 とはいえここ数シーズン、アンデルレヒトは「PKを苦手とするチーム」として知られており、指揮官たちを悩ませてきたのも確かだ。直近の3本のPKもハニ(現スパルタク・モスクワ)、サイーフ、森岡と全て失敗に終わっている。
 
「モリオカは責任を持ってPKを蹴ったのだから、失敗に対して私は何もコメントしない。『次は自分が蹴って決める』という選手がいたら申し出てほしい。私はオープンだ」(ファン・ハーゼブルック監督)
 
 アンデルレヒト対メヘレン戦のキーポイントとしてフォーカスされた森岡のPKだが、素晴らしいアシストもあった。
 
 開始10分、左CBデスハフトのロングフィードを、DFラインの裏に走りながら受けた森岡は左足ダイレクトでクロスを入れ、ガンボウラのヘディングによる先制ゴールをお膳立て。森岡のキックテクニックが光ったシーンだが、ボールを受ける前に首を振りながらしっかりゴール前の状況を把握していたのも隠れたファインプレーだった。
 
「彼(ガンボウラ)がいるのは分かってました。あとは彼がどう動くかという最後の予測(が必要)だった。良い所にいてくれて良かったです」


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180205-00035350-sdigestw-socc

メヘレンvs森岡亮太アシスト動画

メヘレンvs森岡亮太PK失敗動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする