【動画】久保建英と中井卓大が合同自主トレ!オフもストイックに体を鍛える姿に木場克己氏「これからの成長が楽しみ」



横浜Fマリノスの久保建英とレアル・マドリー下部組織”カデーテA”に所属する中井卓大が合同で自主トレを敢行した!木場克己氏を訪れ体幹トレーニングなどを行う!

次代の日本サッカー界を担う2人がクリスマスに都内で合同自主トレ
サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属するU-15日本代表MF中井卓大と横浜F・マリノスのU-19日本代表FW久保建英がクリスマス当日の2018年12月25日、都内で合同自主トレを行った。

次代の日本サッカー界を担う2人の至宝はあまりにストイックだった。冬季休暇で日本サッカー界が“骨休め”となる中、中井と久保がプロトレーナー木場克己氏の運営する都内のジムに集合した。

「みっちり1時間トレーニングです。ピピ(中井)とタケフサが一緒にやった。合同トレーニングは2年ぶりですね。前回は、ピピは年齢と筋力の問題で、タケフサのメニューをこなすことはまだできなかった。ピピは同じメニューをこなしていましたね」

2人を指導する敏腕プロトレーナーはこう語った。

木場氏は体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、またJP日本郵政女子陸上部ではアドバイザーとして指導に携わり、16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

木場氏は意識の高さを絶賛「これからの成長が楽しみです」
「2人ともまだ若いですが、トップレベルのプロアスリート以上に意識が高い。タケフサはブラジル遠征帰国直後、ピピもリーグ戦の合間で、一時帰国の合間に練習しにきています。そういう選手がフィールドでのパフォーマンスでも違いを出せるのでしょう」と木場氏は目を丸くする。

久保は21日にブラジル・テレゾポリスでU-19ブラジル代表と戦い、後半8分にゴールを決めたばかり。遠征の疲れも見せずに、合同自主トレで汗を流した。レアルの下部組織でカンテラの月間最優秀ゴールを決めた中井も、クリスマスに体幹とバランス感覚を研ぎ澄ませるトレーニングに励んだ。

「2年前と比べても2人は重心はブレない。臀部とひざ周りの連動性が高まっている。これからの成長が楽しみです」

数々の逸材を指導している木場氏も感嘆するほどのプロ意識。15歳の中井と、17歳の久保。新世代の2人が、日本サッカーの未来を明るく照らしてくれそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181227-00047372-theanswer-socc

久保建英と中井卓大を指導する木場克己氏の公式ツイッター動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする