【動画】コンヤスポル戦で長友佑都がクロスから決勝ゴールを演出!ガラタサライの勝利に貢献「親父頑張ります」



ガラタサライの長友佑都がトルコカップ準々決勝セカンドレグでクロスボールで決勝ゴールを演出し勝利に貢献!

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、2018年2月8日に行われたテュルキエ・クパス(トルコ・カップ戦)準々決勝セカンドレグのコンヤスポル戦で、決勝ゴールに絡むなどの活躍で勝利に貢献。試合後には自身のTwitter(@YutoNagatomo5)で、パパとして初めての試合で移籍後初白星を収めた喜びをつづった。

「ガラタサライで初勝利。カップ戦準決勝進出。妻、息子のためにもかなり気合い入りました! 何がなんでも勝利で祝いたかった。まだまだ勝負はこれから。親父頑張ります」

 今冬にインテルからガラタサライにレンタル移籍した長友は、4日のスュペル・リグ第20節スィヴァススポル戦にフル出場し、新天地デビューを飾った。翌5日には妻の平愛梨さんとの間に第1子となる長男が誕生。一時的にイタリアに戻って息子に会い、6日にはTwitterで「一時的にミラノへ行く許可を頂いた監督、チームに感謝です。すぐにトルコに戻ったので、しっかりコンディションを上げていきます」とコメントしていた。

 “パパ初戦”となった8日のコンヤスポル戦は、公式戦2試合連続のフル出場。52分には、左サイドを抜け出して上げたクロスが、FWバフェティンビ・ゴミスのゴールにつながり、決勝点の起点となった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00713363-soccerk-socc

長友佑都公式ツイッター

コンヤスポルvs長友佑都のクロスボールから決勝ゴール動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする