【動画】国王杯のレアルマドリー戦でスアレスが実質ハットトリックの2ゴール!PKでパネンカなどクラシコはバルセロナが勝利!



コパ・デル・レイ準決勝第2戦のレアル・マドリー戦でスアレスが”実質ハットトリック”の活躍でバルセロナが勝利!クラシコで2ゴールとオウンゴールを誘発!

バルセロナFWルイス・スアレスは27日、レアル・マドリーとのコパ・デル・レイ準決勝第2戦で2ゴールを挙げ、5連覇のかかる決勝進出に大きく貢献した。試合後のテレビインタビューでは「シーズン初めに設定していた目標の一つを達成できた」と喜びを語っている。

スアレスは後半5分、MFウスマン・デンベレの折り返しに反応し、貴重なアウェーゴールとなる先制弾を叩き込む。

同24分にもデンベレのクロスに走り込み、相手のオウンゴールを誘発。

同28分には自身で得たPKをチップキック“パネンカ”で流し込み、実質ハットトリックとも言える結果を残した。

ホームの第1戦を1-1で引き分けていたバルセロナは敵地第2戦を3-0で勝利。6年連続の決勝進出を決めた。「序盤は望んだプレーができなかったが、ゴールを決めればより多くのスペースができると思っていた」。戦況をそう振り返った背番号9は、まさに想定通りの圧勝劇を演出してみせた。

3月2日にはリーグ戦でクラシコを控えるバルセロナ。再びの活躍が期待されるスアレスは「リーグ戦の難しさは知っているし、難しい試合になるだろう。リカバリーをする必要があるし、試合に向けた準備をする時間がほとんどない」と油断を排し、新たな気持ちで次戦に臨むようだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-33208960-gekisaka-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする