【動画】清水エスパルス戦でアデミウソンが2ゴールの大活躍!小野瀬康介とファンウィジョもゴールを決めてガンバ大阪が勝利!



明治安田生命Jリーグ第2節の清水エスパルス戦でガンバ大阪がアデミウソンの2ゴールと小野瀬康介、ファン・ウィジョのゴールで4得点を奪い敵地で快勝!

清水は3-5-2を、G大阪は4-4-2を採用し、ともに開幕戦と同じフォーメーションで臨んだ。序盤から圧倒的なパスワークで主導権を握ったのはアウェーチーム。左サイドを起点に遠藤と倉田がダイレクトの球回しを促進し、清水の堅牢に揺さぶりをかける。だが、アタッキングサード手前まではスムーズに運ぶものの、そこからの先のパス、クロス、フィニッシュがピリっとしない。清水DF陣の執拗なチェックに精度を狂わされた。

そして、ボールを支配されながらも手数を出し続けていた清水が、鮮やかに均衡を破るのだ。

17分、一気のカウンターから中央の中村が素早く右サイドにはたき、攻め上がった立田がそのままライナー性のクロスを送る。北川がニアでつぶれると、流れたところに中村が走り込んで豪快に合わせた。まさに、してやったりの先制パンチだ。

とはいえ、G大阪も負けてはいない。こちらも流麗な連携からすぐさま同点に追いつく。29分だ。4選手の繋ぎから藤春が左サイドを抉ると、マイナス気味のクロスを中央で小野瀬が強烈にインパクト! ゴール前の勝負強さが際立つサイドアタッカーが2戦連続ゴールを挙げ、あっさりスコアをタイに戻した。

後半に入ってもリトリートして鋭いショートカウンターを繰り出す清水に対して、G大阪は開幕戦の反省から、攻め急がずにじっくりパスを回して時間をかける。好対照な構図を描きながら球際で激しくぶつかり合い、ともに何度も見せ場を作る白熱の攻防戦を提供した。

迎えた58分、G大阪は自慢の2トップが火を噴く。ハーフウェーライン付近でのボール奪取から速攻を仕掛け、アデミウソンが裏のスぺースへロブパスを送る。これを受けたファン・ウィジョが巧みに処理してヴァンデルソンと入れ替わり、GK六反を釣り出して中央へパス。アデミウソンが難なく流し込んで逆転ゴールとした。この一撃が大きくモノを言う。

ギアを上げて攻勢を強め、直後の59分に北川が決定機を掴むなど全体が前がかりとなる清水に対し、リードを奪ったG大阪は遠藤、今野、倉田のベテラントリオを軸に絶妙なチェンジ・オブ・ペースを見せる。若き清水の焦りとミスを誘いながら、開幕戦完敗の体たらくが嘘のように攻守で連動していく。69分に遠藤の右FKからアデミウソンがニアヘッドで応えて追加点。

さらに74分、オ・ジェソクのパスに抜けたファン・ウィジョがものの見事にグラウンダーショットをねじ込んで、趨勢を定めた。

清水はチョン・テセを投入してより縦志向の強いサッカーを展開するも、散発な攻撃に終始してチャンスを得るには至らない。アディショナルタイムにFKの好機から滝が1点を返すがそこまで。前節に続いて先制点を奪いながらも、その後のゲームマネジメントに課題を残す形で試合終了のホイッスルを聞いた。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190302-00054814-sdigestw-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする