【動画】アーセナルのラムジーが先制点のゴールもトッテナムはPKをケインが決めて同点に追いつき試合結果はドローで終える!



プレミアリーグ第29節でアーセナルのアーロン・ラムジーが先制ゴールを奪うもトッテナムはハリー・ケインがPKを冷静に決めてドローに持ち込む!

プレミアリーグ第29節が3月2日に行われ、アーセナルとトッテナムが対戦した。

現在プレミアリーグ3連勝中のアーセナルは、アーロン・ラムジーやアレクサンドル・ラカゼットがスタメン入り。今季終了後にユヴェントスへ移籍することが決まっているラムジーにとって、最後の“ノースロンドン・ダービー”となる。ルーカス・トレイラ、メスト・エジル、ピエール・エメリク・オーバメヤンらはベンチからのスタートとなった。一方のトッテナムは、プレミアリーグで2連敗中と波に乗り切れない中で“ノースロンドン・ダービー”を迎えた。エースのハリー・ケインやソン・フンミンらが先発に名を連ねている。

試合は16分に動く。ピッチ中央付近でボールを持ったラカゼットが前線にスルーパスを送ると、ラムジーがフリーで抜け出す。ラムジーは相手GKをかわして無人のゴールに流し込み、アーセナルが先手を取った。

ホームのトッテナムも反撃に出る。23分、右からのフリーキックをハリー・ケインが頭で合わせる。強烈なヘディングシュートがゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定で得点は認められず。43分にはケインのパスに抜け出したクリスティアン・エリクセンが右足で狙うも、アーセナルのGKベルント・レノがファインセーブ。こぼれ球を拾ったムサ・シソコが強烈なシュートを放つも、またもレノが弾き出してゴールを許さない。前半はアーセナルの1点リードで終了した。

後半に入ると、アーセナルが最初にチャンスを作る。52分、左サイドを駆け上がったナチョ・モンレアルの折り返しにエリア内で待っていたラカゼットが反応。右足で狙うも、シュートは枠を外れてしまう。72分にはトッテナムにビッグチャンスが訪れる。ローラン・コシェルニーがエリア内でケインを倒し、トッテナムがPKを獲得する。このPKをケインが落ち着いて沈め、トッテナムが試合を振り出しに戻した。

その後は両チームともにゴールに迫るも、なかなか試合は動かない。このまま試合終了かと思われた89分、途中出場のオーバメヤンがエリア内で倒され、今度はアーセナルにPKが与えられる。しかし、トッテナムのGKウーゴ・ロリスがオーバメヤンのシュートをストップし、得点を許さない。

試合はこのまま1-1でタイムアップ。“ノースロンドン・ダービー”はドローで終了した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00913646-soccerk-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする