【動画】ACLの山東魯能戦で伊藤翔が前半で2ゴール!鹿島アントラーズがゴールを重ねるもペッレの2ゴールで追いつかれる!



ACLグループリーグE第2節の山東魯能戦で鹿島アントラーズの伊藤翔が前半で立て続けに2ゴールを決めてリードを広げるも2失点で追いつかれる!

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は12日、グループリーグ第2節を各地で行い、鹿島アントラーズは敵地で山東魯能(中国)と対戦している。前半14分までにFW伊藤翔が2得点を決めたが、その後元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレに2点を決められ、2-2で前半を終えた。

試合は日本時間の午後4時30分にキックオフ。立ち上がりは落ち着いた展開が続いたが、横浜F・マリノスから加わった新加入のストライカーがたった2つの決定機で堅実に2点を奪った。

まずは前半10分、中央でMFレオ・シルバからのパスを受けると、コントロールした右足ミドルシュートで1点目。

さらに同14分、右サイドを攻め上がったDF平戸太貴からのスルーパスに反応し、意表を突いたループシュートで追加点をマークした。

ところが前半20分、右サイドからのクロスをMFジョウ・ハイビンに折り返されると、カバーに入ったMF三竿健斗がエリア内でハンド。痛恨のPKを与えてしまい、ペッレに落ち着いて決められた。

さらに前半41分、勢いを強める山東はDFチョン・スンヒョンを背負ったままおさめたペッレがMFウー・シンハンとのワンツーからワンタッチシュート。タイミングを外された鹿島GKクォン・スンテは反応できず、同点ゴールを許してしまった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-37567701-gekisaka-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする