【悲報】8年で250億円のアディダスがスポンサーの香川真司を日本サッカー協会はロシアW杯で外すことはできない?

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が9日に電撃解任され、後任に日本サッカー協会の西野朗技術委員長(63)が就任した。6月14日のW杯ロシア大会開幕をわずか66日後に控えての“政変”の舞台裏を探る。そこには、過去に2度日本代表を率いてW杯を戦い、今年3月に日本協会副会長の座を退いた岡田武史

【動画】名古屋戦で大岩一貴のハンドは誤審か?ジョーのシュートをブロックも故意の決定機阻止と判断されてレッドカード!

<明治安田生命J1:名古屋2-3仙台>◇第7節◇2018年4月11日◇パロ瑞穂 ベガルタ仙台が敵地で名古屋グランパスに競り勝った。前半23分にFW石原が先制ゴール。同37分にはFW西村が右足で合わせリードを広げた。1点差とされた後半23分には再び西村が右足で決めて突き放した。名古屋はエースストライカーのジョーに

【動画】ユベントスのブッフォンがレッドで退場!C・ロナウドはゴールも「なぜPKに抗議していたのか分からない」

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を喜んでいる。2018年4月11日に行われたCL準々決勝セカンドレグで、ホームにユヴェントスを迎えたレアル・マドリー。ファーストレグは敵地で3-0と快勝を収め、余裕を持って試合へ臨んだはずだった。しかし、開始2分で

【ハイライト動画】ユベントスが3点差を追いつくも後半ATにC・ロナウドがゴールを決めてレアルが劇的勝利を掴む!

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第2戦2日目が2018年4月11日に開催された。前人未到の3連覇を狙うレアル・マドリー(スペイン)は本拠地サンチャゴ・ベルナベウでユベントス(イタリア)と対戦。1-3で敗れたが、2試合合計4-3で8年連続となるベスト4進出を決めた。前日10日にはバルセロナ

【動画】柏レイソル戦でサガン鳥栖のスローインがオフサイドの誤審!主審も気づかず副審の判定通りにジャッジ!

J1リーグは2018年4月11日、第7節を行った。ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖と柏レイソルが対戦し、2-1で柏が勝利。リーグ戦の連敗は免れた。一方の鳥栖は、今季初の連敗となった。鳥栖は前節・C大阪戦(1-2)から先発1人を変更。FWビクトル・イバルボに代え、FW趙東建が起用された。一方の

【コメント】清武弘嗣がハリルホジッチ監督の解任に危機感「日本サッカーはいい方向に進まないのかなと思う」

ハリルジャパンから離れている間に電撃解任が決まった。昨年から負傷が相次いだMF清武弘嗣はW杯イヤーとなる今季も2月10日の富士ゼロックススーパー杯後、右腓腹筋筋損傷で離脱していたが、川崎F戦で復帰。試合後、バヒド・ハリルホジッチ監督の解任について言及した。 ハリルから信頼を得ていた清武はW杯アジア最終予選5試合に

【悲報】ウェストハムのモイーズが香川真司を獲得か?移籍金は約18億円もマンU時代の教え子との再会を希望!

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)にプレミアリーグ復帰の噂が加熱している。イギリス『ミラー』が報じたところによれば、かつてマンチェスター・ユナイテッドを指揮したデイビッド・モイーズ現ウェストハム監督が来夏の移籍市場で元教え子である香川との再会を希望。獲得資金として

【動画】ジュビロ磐田戦でガンバ大阪が17試合ぶりの勝利!選手たちはピッチに倒れスタジアムも歓喜に包まれる!

ガンバ大阪が長く苦しかったトンネルを抜けた。2018年4月11日、ホームにジュビロ磐田を迎えたG大阪は2-0で勝利。G大阪のリーグ戦の勝利は昨年8月26日の鳥栖戦以来で、228日ぶり。未勝利は16戦でストップした。先制点は早い時間帯で決まった。前半4分、左サイドでCKを獲得すると、MF遠藤保仁のキックにニアに

【動画】セレッソの福満隆貴へのファウルが酷い!川崎のネットが倒れた後に大きく足を振り上げ胸を踏みつける!

明治安田生命J1リーグ第7節の試合が2018年4月11日に行われ、川崎フロンターレとセレッソ大阪が対戦した。首位サンフレッチェ広島に5ポイント差をつけられながらも2位に位置する昨季王者の川崎Fだが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も含めて3試合白星なし。一方のC大阪は公式戦3連勝の上り調子でこの一戦を

【動画】川崎戦で柿谷曜一朗が清武弘嗣にボールを渡すシーンが凄い!トラップから一切ボールに触れずにパス交換www

J1リーグは2018年4月11日、第7節を行い、等々力競技場では川崎フロンターレとセレッソ大阪が対戦した。FW知念慶の今季初得点で川崎Fが先制したが、C大阪がセットプレーから2得点を挙げ、2-1で逆転勝利。C大阪は3連勝で4位に浮上し、公式戦4連勝とした。川崎Fは8日に行われた第6節横浜FM戦(1-1)から